【キャンプ初心者向け】ランタンの選び方とその種類

アウトドア

キャンプの夜を照らす必須アイテムのランタン。いろいろな種類があるがどれを購入したらよいのかわからない
ランタンの選び方について解説、購入を検討している人はチェックしてみてください。

ランタンの種類

ランタンには様々な種類があるが、燃料を基準すると5種類に分けることができる。
電池、ロウソク、灯油(ケロシン)、ガス、ガソリン。
実際にキャンプでよく選ばれるものは、ガス、ガソリン、電池が主流である。

使い方は、電池式ランタン(LEDランタン)と、燃料系ランタン(ガス、ガソリン、灯油)を併用するのがおすすめだ。
サイト全体を照らすメインランタンには、明るい燃料系ランタンを使用し、テント内では安全なLEDランタンと使い分ける。

初心者でなるべく低コストでキャンプを始めたいならば、まずはLEDランタンから購入するとよいだろう。
LEDランタンは安全で扱いが簡単なので、屋外でもテント内でもどちらでも使用できる。

ランタンの選び方で大切なことは、それぞれの特徴を理解し用途に適したもの選ぶということだ。
そんなランタンの特徴を種類別にみていこう。

LEDランタン

LEDランタンのメリットは、やはり安全だということ。
火を使用しないので、テント内でも一酸化炭素中毒の心配がありません。
また、LEDの光はほとんど熱を発しないので、小さな子供でも安全に使用することができます。

明るさの点においては、ガスやガソリンのほうが比較的明るい
※昨今では、LEDランタンも大光量化が進み明るい。

軽量コンパクトで壊れにくく、手入れがほぼ必要ない。
充電式の電池を上手に活用すれば、安くすむため経済的。
(他のランタンに比べ)明かりをつけるまでに必要な準備がほぼなく、必要な時すぐ使える
また、熱をほぼ発しないため、使用後に即しまうことができる点もよい。
防災・災害用として自宅でも安全に使用できるので、持っておいても損はない。

また、防水性能がついたタイプもあり雨天時は活躍する。
ガスやガソリンのランタンは、雨などで濡れる場所では使用しにくい。

LEDランタンの光源は、虫が寄り付きにくい
完全に寄り付かないというわけではないが。

LEDランタンのデメリットは、その味気さな、雰囲気の無さ
LEDの光は白く、ガスやガソリンランタンのような暖色ではない。
暖色系の光は食べ物を美味しそうに見せてくれますが、やはりLEDの光はどこか味気ない。
※昨今では、光の色調を変えられるタイプもでている。
また、プラスチックを象った無機質なデザインのものが多く、雰囲気が演出しずらい。
キャンプに行くのならやはりアウトドアの雰囲気を満喫したいものだ。

LEDランタンは利用シーンを選ばす万能で、子供からお年寄りまでだれでもかんたんに使える。
ガスやガソリンなどの燃料系ランタンを使う予定でも、一つくらいは持っておきたいアイテムだ。

燃料系ランタン

燃料系ランタンは、ガスやガソリン、灯油などを燃料にするランタン

特徴は(LEDと比べると)明るいということであり、暖色で柔らかい光がアウトドアの雰囲気をアップしてくれる。
メインランタンとして一つは購入してほしい。

燃焼するためテント内では、一酸化炭素中毒や火災の心配がある。
風通しがよく、燃え移るものが無い適正な距離を保って使用しましょう。
特に上部は熱くなるので、子供の手の届かない安全な位置で使用してほしい。
熱くなるので、タープなど幕の中でつかうと温かいという特性は活用できる。

使用前には、マントル呼ばれる部品の準備が必要となる。
マントルは、照明効率を上げるための部品で、電球に例えるならフィラメントに当たる部分。
使用前に、マントルの設置・交換や空焼きと呼ばれる作業が必要になるが、慣れればさほど難しくはない。
なお、マントルは消耗品である。
マントルは非常にもろいので、常に予備を2~3個くらいは用意しておこう。

ガスランタン

ガスを使用する燃料系ランタン。

ガスランタンのメリットは、扱いやすいという点。
カートリッジを本体の下に設置するだけなので比較的初心者でも扱いやすい。
また、燃料の保管にあまり気を使わなくてよいという点も良い。
ガスが頑丈な缶の中に保管されているため、ガソリンや灯油と比べると安心して携帯できる。

ガスランタンのデメリットは、コストが高くなる点だ。
カートリッジ1本をおおよそ一晩で使い切るため、2泊するならだいたい2本は必要となる。

気温が低いと出力が低下するが、それは専用カートリッジを使用することで回避することが可能。

LEDランタンの次に燃焼系ランタンを買ってみたいという中級者向けでしょうか。
※初心者でも問題なく扱うことはできるが、8000~20000円前後とややコストがかかる。

ガソリンランタン

ホワイトガソリンを使用する燃料系ランタン。
ガソリンランタンのメリットは、寒冷地に強いため、天候や気温に左右されずに安定した性能を発揮してくれる。
ランタンによって個体差はあるものの、長時間点灯が可能なので経済的でもある。

ガソリンランタンのデメリットは、扱いが少し難しく面倒な点だ。
点火には、マントルの準備はもちろん、ポンピングと言われる圧力を高める作業が必要である。
慣れればその作業自体も楽しみの一つである。
使用後には油さしなどのメンテナスが必要である。

ガソリンランタンはガスに比べて扱いにくい。。
構造上の話になるが、ガソリンランタンは、空気圧により燃料タンクからガソリンを押し出す。
そのガソリンの炎によって燃料を温め、ガソリンを気化させている。
ガソリンが気化するまでは、霧状のガソリンで燃やすため火が安定しないのだ。

また、ガソリンは引火性が高いため運搬時や管理には気をつかう
専用の保管ケースを用意するなど、取扱には十分注意が必要となる。

ガソリンランタンはやや扱いが難しい上級者向けと言える。

ランタンの購入前に覚えておいてほしいこと。

燃料は統一するのがおすすめ。

燃料系ランタンを購入する際は、バーナーと燃料を統一するのがおすすめだ。
もちろん別でも良いが、統一できればそれだけ荷物が減る
例えば、バーナーで中途半端に残ったガスカートリッジの燃料をランタンで使い切るなどの融通が可能になるのだ。

自動着火装置は付いてる?

燃料系ランタンには自動着火装置のあるものとない物がある。
ライターに付いている「カチッ」と火を付けるあれだ。
当然付いている物のほうが扱いは楽だ。
もしも付いていない場合は、着火が簡単かどうかをチェックしてほしい。
着火口からマントルまでの距離が離れていると、普通のライターでは着火が大変なのだ。

明るさについて

ランタンの明るさは、明るければ明かるいほど良いというものではない。
どうしても明るさが大事というならばとめはしないが、暗いというのも趣がある。
明るいときには気が付かなかったが、灯りを消してみたら星や焚き火が綺麗に見える。なんてこともあるだろう。

以前、発電機で工事現場用の照明を焚いているお隣キャンパーに遭遇したが、眩しくて趣もへったくれもなかった。むしろ迷惑であった記憶がある。(笑い話のようだが実際に経験した話だ)
あくまで主観だが、少し暗くて不便なくらいが丁度よいのではないだろうか。

明るさの目安について
ランタンには、ほとんどの場合で明るさの目安が記載されています。
ワット(W)、ルーメン(lm)、キャンドルパワー(CP)、ルクス(Lx)、カンデラ(cd)と単位も様々。
それぞれを単純に変換して比較したいと思ったが、どうやら難しいようだ。
役にたたないかもしれないが、それぞれの単位について簡単な解説は残しておこう。
ワットとは、明るさではなく消費電力。ルーメンは、光の量(光束)。キャンドルパワーは、蝋燭1本分を基準にした感覚的な単位。ルクスは、照らされた面の明るさ。カンデラは、光の強さ(光度)。

ランタンポールって必要?

ランタンを吊るすためのポール(スタンド)だが、はっきり言って不要だ。
あればたぶん便利なのだろうが、無駄に荷物を増やすイメージだ。
タープやテントのポールに、専用のフックを取り付けて吊るすのがおすすめだ。

ランタンを使用した小技
タープ内を飛び回る虫にイライラ。
コップの中に入ったりすると、発狂する人もいる。
そんな時はあえて大光量の燃料系ランタンをタープの外で灯してみるのも手。
タープ内には虫が寄り付きにくいLEDランタンを配置するか、明かりをしばらく消してみる。
燃料系ランタンに虫が引き付けられて、タープ内に平和が・・・訪れるといいね。

あとがき

少しはランタン選びの参考になったでしょうか。

個人的に、ランタンは無くてはならない道具ではなく、あったら便利な道具だと思う。
焚き火やロウソクだけというキャンプも趣があってよいのではないでしょうか。
非日常を楽しむという点において、暗さそのものを楽しむという考え方も素敵だと筆者は思う。

↓筆者が一周回って、たどり着いたランタン↓

【キャンプのランタン選び】ムード重視なら優しい炎のアンティークランタンがおすすめ
キャンプに必要なのがランタン。 キャンプ場の夜は暗い。 ご飯時には食べ物の焼け具合が見えなかったり、テントの張り綱に足を引っかけて転んでしまう。 やはりランタンの灯りは生活するうえでの必需品だ。 これからランタンを揃えると言...

最後まで読んでくれてありがとう。