【キャンプ初心者向け】マットの役割と選び方

アウトドア

キャンプで寝るために必要なのが寝袋。
マットは寝袋に比べて軽視されがちだが、寝袋と同じように大切なのだ。
自宅で例えると寝袋が布団だとすれば、マットはベットや畳にあたる。

ここではそんなキャンプ用マットの役割と選び方について解説します。

キャンプ用マットの役割

断熱材の役割

キャンプ用のマットは、断熱材として大きな役割を果たす。
季節にもよるが、マット無しで寝ると辛い。
地面からの冷気がダイレクトに伝わってくるのだ。

地面は熱が伝わりやすく、テント内の空気が温かくても地面は冷たい。
夕方を過ぎるとテント内の空気が温かくても地面の温度はどんどん下がっていく。

テントの床は薄い。
例えるならビニールシート程度の厚みしかない。
いくら高性能の寝袋を使用しても、その上に寝ると寝袋と人間の体温が奪われる。

キャンプ用のマットは基本的に空気の層を作って熱を遮断してくれる。
そのため地面の温度が下がったとしてもマットの上の温度は奪われることはない。

真夏ならまだ耐えられるかもしれないが、冬のキャンプや雪原でのキャンプには必須だ。
また、春や秋は朝夕の気温が急激に下がることもあるので用意したい。

クッションの役割

キャンプ用のマットには、クッションとしての役割もある。

キャンプ場は、芝生や綺麗に整地された場所だけとは限らない。
小石や木の根があり、地面に凹凸があるケースも多い。
マットがあれば、多少の凹凸くらいなら吸収してくれるでしょう。

マットの種類と選び方

マットの大きさ

パーソナルマット

横幅が一人分のマット。
個人用マットなどとも呼ばれる

長さは全身用と半身用とそれよりも小さい物などもある。
車でキャンプに行くなら全身用がおすすめだ。
山岳キャンプなどザックの積載量が気になる場合は半身用でよいでしょう。

数量はキャンプに参加する人数分だけ必要になる。
家族でキャンプ行く場合などは、ある程度厚みを揃えると良い。
テント内に段差ができると不便だからだ。

インナーマット

インナーマットは、テントの床全体を覆ってしまう大きめのマット。
フロアマットなどとも呼ばれる。
パーソナルマットに比べて生地が薄く、素材はウレタンが主流。
比較的かさばる荷物となるが、車でキャンプに行くなら用意してほしい。

また大きさは、テントのフロアサイズに合ったものを選ぶとよいでしょう。

両方併用がおすすめ

パーソナルマットとインナーマットを両方使用するのがおすすめです。
まずは、インナーマットを全体に広げて、その上にパーソナルマットを敷くと良い。

パーソナルマットは小さく寝るスペースしかカバーできない。
全体をカバーしてくれるインナーマットがあるとかなり快適だ。

テントの床はビニールシート一枚程度の厚みしかない。
テントの下に小石などがあっても気が付きにくく、踏むとかなり痛い思いをする。
パーソナルマットを敷いておけば、小石程度の衝撃は吸収してくれます。

マットの構造

キャンプ用のマットは構造によって大きく2つにわけることができる。
一般に市販されているのであれば、どちらのタイプも断熱とクッション性はほぼ問題ない。
双方のメリット、デメリットを理解したうえで選ぶと良いでしょう。

ウレタン型のマット

ウレタン型マットは、断熱性とクッション性を持つウレタンなどの素材を使用したマット。

ウレタン型マットのメリットは、手間がかからずに楽だということ。
使用時はただ広げるだけ、片付ける時は、折りたたむか丸めるだけなのでとても簡単だ。

ウレタン型マットのデメリットは、使わない時に嵩張るということだ。
後述のエアー型マットとは違い空気層がないので、折りたたんでも体積は変わらない。
また折り畳み式ならまだしも、丸めたマットは車への積み込み時にかなり収まりが悪い。

エアーマット

エアーマットは、使用時に中に空気を入れるマットだ。
インフレータブルマットなどとも呼ばれる。

エアマットのメリットは、小さくコンパクトになる点だ。
空気を抜いてしまえば体積が小さくなり綺麗に折りたためばかなりコンパクトになる。
登山キャンプなどでザックにしまう際は、容量が限られておりとても助かる。

エアマットのメリットは、使用時に手間がかかる点。
使用時に空気を入れる作業と、片付け時に空気を抜く作業がかなり面倒だ。
大きなマットになればなるほど大変で、肺活量に自信がなければかなりつらい作業になるでしょう。
エアーポンプを持っていけば楽だが、メリットである荷物量を減らすことと矛盾してしまう。
※セルフインフレーターと呼ばれる半自動で空気が入るものもある。

また、もうひとつのデメリットとして、パンクすると使えなくなるということ。
ウレタン型は破けても穴が開いても使用できるが、エアマットはパンクしてしまうとその機能は失われる。
実際に私はエアマットに空気を入れすぎてパンクさせた経験がある。
その時は堅く冷たい地面に横わたる辛さを実感しました。
また、友人が焚き火の横にマットを敷いて寝そべっていたら、火の粉で穴が開いたなんてことがあります。
応急処置の修理道具としてビニールテープなどを用意しておくとよいでしょう。


個人的なおすすめは銀マット

個人的には折りたたみ式の銀マット(シルバーマット)がおすすめだ。
銀マットは、ウレタン型マットに断熱用のアルミ銀紙が貼ってあるもので安い。
ポイントは折りたたみ式であること、丸く筒状に収納する物はかさばるのでダメ。

アウトドアメーカーの既成品は高性能で素晴らしい物が多い。
それに比べると銀マットは滑るし嵩張るので使いづらいだろう。

それでも銀マットは安いので、雑に扱える点が非常に魅力。
例えば我が家では以下のような使い方をしてます。

  • 雨の日のキャンプでは、テントの入口前に直で敷いてしまう。
    靴を脱ぐテント入口前はすぐにドロドロなるのです。
    銀マットなら汚れても、水をかけて洗うだけで綺麗になりますし、すぐに乾きます。
    むしろ多少汚れても気にならない。
  • 車の中では荷物の緩衝材として利用。
    ウレタンのクッション性を利用して堅い荷物と車の間に挟み込む。
    クルマが傷つかないので安心ですね。
  • 海に遊びに行ったら、砂浜にダイレクトで敷く。
    真夏の砂浜は熱いから、断熱性の高い銀マットは便利。
    その上にクーラーボックスを置いておけば、保冷効果も長持ちします。
    濡れてもすぐ乾くからプールサイドでも活躍します。
    汚れても傷がついても、安いから気にならない。

あとがき

いかがでしょうか。
少しはマット選びの参考になりましたでしょうか。

最後まで読んでくれてありがとう。