【実際に愛用】キャンプにおすすめのペグは?

アウトドア

キャンプには欠かせない大切なアイテムが「ペグ」。
ペグはテントやタープを張る際に地面に打ち込む杭のことだ。

初心者のキャンパーは、最初のキャンプからいきなりペグを買い足す必要はない。
テントやタープを買ったのならば、そこに付属品されたペグで充分キャンプはできる。
ただし、まれに硬い地面など付属のペグでは歯が立たないこともある。
応用の利くペグを数本、用意しておけば安心ですね。

また、長くキャンプを続けるとペグが曲がったり、無くなって足りなくなったりします。
ここでは追加で購入する際におすすめするペグを紹介します。

おすすめのペグ

ペグにはいろいろな種類や形状があるが、個人的には以下の2タイプがあれば十分だと思う。

汎用性の高い「コールマン ジュラルミンYペグ」 がおすすめ


最初におすすめするのは私が愛用しているペグ。
コールマン ジュラルミンYペグ、18cmだ。
おすすめの理由は、安いけど実用性の高いペグだということ。
コスパが良いのだ。

おすすめポイント:安い。
ペグは消耗品です。
気が付いたらなくなっているキャンプ用品だ。
実際にキャンプ場では、誰かが忘れていったペグをよく見かける。
だから高い物は買わなくてよい。
このコールマン ジュラルミンYペグは、1本200円程度と安い。

おすすめポイント:探しやすい。
一般的なペグの素材はスチールかスアルミあたり。
色はだいたいシルバーで、いかにも金属って感じの光沢がある。
だが、こいつらはすぐ行方不明になる。
例えば、芝生のキャンプ場で落とすと、カモフラージュされて見えなくなる。
シルバー金属面が鏡のように地面を映しだし、擬態したかのように地面に馴染む。
なかなか見つけられなくなる。
このコールマン ジュラルミンYペグは、色が赤いので見つけやすい。
また、暗闇なら懐中電灯の光をチラチラと照らせば、反射してキラキラ光る。
光沢があるのでのですぐに見つかるのだ。

おすすめポイント:軽い。
キャンプでペグは何本も使います。
ペグを1本1本重たい物にしたら、総重量が大きくなります。
もしも総重量に制限があるとすれば、ペグではなく、他のキャンプ用品に回すほうがよい。
とくにザックひとつでキャンプに行くならなおさらだ。
このペグは軽いアルミ製だからおすすめ。

おすすめポイント:クルっと回らない。
付属のピンペグは、形状が丸い棒状になっている。
風などにあおられて、クルっと回って張り綱が外れてしまうこともある。
ピンペグは、インナーテントやグランドシートの固定に使うのがよい。
このペグはY字形状で、窪みと出っ張りがあるので回らない。
張り綱に使用しても回らないのでおすすめ。

おすすめポイント:ひも付き
このペグには紐が付いています。
地面に刺さって抜けなくなった時に、紐を引っ張って抜くことができるので便利。
ただし、この紐は切れやすい。
切れたら違う紐に交換するとよいでしょう。

問題点は、アルミ製なので横から負荷が加わると曲がる。
岩場以外の場所を選ぶことになるが、一般的なキャンプ場ではほぼ使えるハズ。
柔らかい分だけ修理も簡単で、あくまで消耗品と割り切ればたいしたことはない。

堅い地面に「スノーピーク(snow peak) ペグ ソリッドステーク」がおすすめ

キャンプ場のペグ問題で困るの要因の一つが堅い地面。
水はけをよくするために、土の下に砂利を敷いているキャンプ場も多い。
無理してペグを打ち込んだら曲がってしまうことも。

そんな時におすすめなのが、やはり鋳造ペグ。
おすすめは、「スノーピーク(snow peak) ペグ ソリッドステーク」。
通称ソリステ。キャンパー憧れのペグだ。
とにかく頑丈で「岩をも砕く」の異名は伊達じゃない。

だがとにかく重たい。
ペグ全部ではなく、数本これを持って行くことがおすすめ。
ここぞというときに役立つ。

頑丈であるという特性を生かして、他のペグより長めの30cmにしておくと良いかも。
一般的なペグで長くするとすぐに曲って使えないが、こいつならその心配はない。
長ければ堅い地面だけでなく、砂地のような柔らかい地面や木に挟むなどの活用方法が広がる。

なんといてもお値段が高いのが難点だ。
実は私は欲しいけど、ソリステを持っていない。
知り合いが使っているのをみて、指をくわえて見ているのだ。
私のふところ事情では手が届かんのです。

そこで次は代用品を紹介。

ソリステが買えない貧乏人の最強ペグ「異形ロープ止め」

キャンパーの憧れソリッドステークが買えない貧乏な私。
そんな私が目を付けたのが、ホームセンターで見つけた「異形ロープ止め」。

しめて1本120円
安い。堅い。ダサい。の三拍子だ。

通常のペグに比べても大きさ、長さは大差ない。
性能は、岩をも砕く申し分ない性能。
友人のソリステと並べると恥ずかしさで、私の心も砕く。
「異形」とは表面のデコボコがあるタイプだが、抜けにくいので役に立つ。

そのままではあまりにもアレなので塗装してゴマかしています。
少しでもソリステに近づけたくて。
塗装するとそれっぽく見えてくるから不思議。

塗装に使用したのはこいつら。
車のルーフキャリアを塗装した際に残っていたスプレー缶。
火に当てるわけじゃないので、耐火スプレーじゃなくても良いかなと思っていたが、
黒塗りすると日光でけっこう熱くなります。

塗装時のポイントは、シリコンオフで脱脂をしっかりすること。
薄く塗って乾かして、また塗る。しっかりと乾くまで待つこと。

塗装だから、叩く度に色が剥げて中から真実が露わになります。
これはこれで味があって面白いので、中々気に入っております。
次は以下の蛍光塗料で試してみようかと思っております。

「異形ロープ止め」を実際に使ってみて

2018.4.25 追記
前回のキャンプで、異形ロープ止めを実践投入してみた。
結論から言えば、とても良い。



今回のキャンプ場のでは、水はけをよくするために砂利が埋められていた。
そんな環境においても曲がることもなく、サクサク刺さる。

異形ロープ止めには側面にデコボコがある。
そのデコボコが「返し」の役割になり抜けにくい。
とても丈夫だ。
したがってテントの4隅、最も負荷がかかる部位に使用した。

1本あたりが重たいので、何本もいらない。
数本あればよいだろう。
ここぞという場面で使える優秀なペグ「異形ステークス」だ。

1本120円にして、この性能。
私のような貧乏人におすすめします。


あとがき

ペグは消耗品だとわりきろう。
スチール鋳造ペグを買うなら、異形ロープ止めよりもソリステのほうが断然おすすめだ。

最後まで読んでくれてありがとう。