【キャンプのランタン選び】ムード重視なら優しい炎のアンティークランタンがおすすめ

アウトドア

キャンプに必要なのがランタン。

キャンプ場の夜は暗い。
ご飯時には食べ物の焼け具合が見えなかったり、テントの張り綱に足を引っかけて転んでしまう。
やはりランタンの灯りは生活するうえでの必需品だ。

これからランタンを揃えると言うならば、
まずはLED、ガス、ガソリンの明るいランタンから買ってほしい。

今回紹介するランタンは、明るくはない。
ただし、癒される。
そんな不便なのに、最終的にたどり着いたのがハリケーンランタンだ。

ここでは、ムードを重視するキャンプにおすすめのハリケーンランタンについて紹介します。

ムード重視のハリケーンランタン

我が家にはランタンがいくつもある。
LEDランタンは明るくて安全で便利だ。
ガス、ガソリンランタンは明るく、暖かい色合いの光が魅力だ。

ただ、どちらも明るすぎるのだ。
LEDランタンの光は、どこか人工的で味気ない。
ガスやガソリンランタンは、ゴーっという音と共に、眩しさを感じるほどの光を放つ。

何かが違う。
自宅とは違うキャンプの雰囲気を存分に楽しみたい。


一周回ってたどり着いたのが、このハリケーンランタンだ。
雰囲気がとても良い。

もしもこれからキャンプを始めると言うならば、
まずは、LEDかガス、ガソリンの明るいランタンをひとつは用意したほうが良い。

キャンプ場の夜は暗い。
バーベキューで、肉が焼けたのか焼けてないのか見えないほどだ。
ご飯時にはやはり明るいランタンがほしい。

ただし、晩御飯も終わり、マッタリとくつろぐ焚き火の時間。
そんな一日の終わりにはムード重視に切り替えてみてはいかがだろうか。


焚き火の炎をじっと眺めていると何故か癒される。
火というものの魅力は不思議だ。
実際に焚き火の癒し効果について、研究している大学があるほどだ。

このハリケーンランタンも同様だ。
まるで焚き火の炎のように眺めているだけでいい。
ユラユラと揺れる小さな炎に癒されます。

ハリケーンランタンとは

出典:amazon.jp

ハリケーンランタンは、風にも強いオイルランプのこと。
「ハリケーン(嵐)の中でも明かりが消えない」ところから名付けられたらしい。
名前の通りちょっとの風では消えない丈夫なランタン。

燃料には灯油などを使用します。
芯に染み込ませた灯油を燃やして灯りをとる。
若い方には馴染みがないが、理科の実験で使ったアルコールランプみたいな原理だ。

アンティークな雰囲気が魅力でインテリアとして飾ってもおしゃれ。
メーカーはドイツのフェアーハンド社かアメリカのデイツ社が有名でおすすめだ。

どちらのメーカーも有名で、機能的には大差がない。
結果、私はデザインの好みでフェアーハンドを選んだ。

誰でも簡単に使えるハリケーンランタン

ハリケーンランタンの使い方はとても簡単だ。

ガスやガソリンのランタンはマントルと呼ばれる芯を空焼きしたり、
ポンピングと呼ばれる下準備が必要となる。


一方でこのハリケーンランタンには下準備が必要ない。
燃料をタンクに入れて、芯に火を着けるだけだ。
明るさも調節可能で、ハンドルを回して芯の長さを調整するだけ。

燃料を入れてから芯に染み込むまで20分ほど時間を置いたほうが良い。
すぐには使えないので、暗くなり始める前に準備をしておこう。

また、芯は布なので解れていたりすると火が安定しない。
先端をハサミなどでカットしておくと良いでしょう。

また、燃料が少なくなると芯(ウィック)が燃えて焦げます。
芯が無いと使えないので、常に替えの芯を用意しておくと良い。

Feuerhand(フュアーハンド)

ハリケーンランタンの燃料

ハリケーンランタンで使える燃料は、灯油かオイル
灯油はガソリンスタンドなどで手に入りとてもお手軽でコスパが良い。
1リットル当たり1600円前後とすれば、1晩で約130mlほど使うので約200円程度
ガスランタンならコールマンの純正LPガス470gで一晩で使い切り、値段は800円ほど。
灯油がいかにコスパが良いかが分かる。
とはいえ明るさは圧倒的にガスのほうが優秀なので、比べるのもなんですね。

灯油は若干、匂いがある。
気になる人は少しだけお値段は張るが、煙や煤(スス)の少ないパラフィン系のオイルを使うと良い。
虫嫌いの人には、ハーブ成分の入ったオイルもおすすめだ。

燃料の持ち運び

灯油の持ち運びには注意してほしい。
間違ってもペットボトルに入れて、灯油を持ち運ぶのは絶対にダメだ。

灯油は、温度による膨張が水の比ではない。
とくに変形するような軟な容器は絶対に使用してはいけない
灯油の運搬にはポリタンクなど専用の物を使用しよう。

とはいえ、ポリタンクに入れるには容量が大きすぎる。
ランタン以外にもバーナーやストーブなどで灯油を併用するならば良いだろう。
私のようにランタンのみで灯油を使用する場合には、ポリタンクは大きすぎる。
私はMSRのバーナーストーブ用のフューエルボトルを使用している。

このボトルの良いところは以下。

・耐圧・耐油機能がしっかり。
厚めのアルミ製で、米軍にも収められているしっかりとしたブランドだ。
灯油が手に着くと匂いがなかなか取れないもの。
このボトルは漏れないので安心できます。

・容量と大きさが丁度よい。
容量は590mlで、2泊のキャンプなら半分くらい余る容量だ。
高さは24cmで直径は7.3cmとコンパクトで荷物の隙間にはいる。

収納時は上下さかさまにしたり、横に寝かせるのは避けたほうが良い。
しっかりとキャップの口が上にくるようにするのが良いでしょう。
また、万が一漏れた際の対策としてもビニール袋などで包んでおくと良い。

・キャップに安全装置
キャンプは押しながら回さないと開かないチャイルドロック式で誤って外してしまう心配がない
また、灯油が膨張して気圧が高まるとキャップが堅くなり、大人でも中々開けるのが大変だ。
このボトルは見てのとおりキャップに輪っかがある。
ペグなど棒状の物を刺して回せば、テコの原理で簡単に開けることができる。

余談だが、気圧が高まった時は、空いた瞬間にプシュっと灯油が噴出します。
少しづつキャップを回して、気圧が抜けるのを確認してから開けると良い。

・誤飲することのないデザイン
灯油は、無色透明で水に似ている。
透明なプラスチック製の容器では見分けがつかず、飲料と間違えて誤飲したらシャレではすまない。
このボトルは見た通り赤い。
危険であることが一目でわかる。

もしもこのボトルではなく飲料や水筒に似た容器を使用するならば、
灯油と大きな文字で目立つように書いておこう。

燃焼時間はどれくらい?燃料はどれくらい必要?

私が使用しているのは、ドイツのフェアーハンドランタン。
燃料は満タンで340ml入るのだが、8分目くらいにして使用している。
理由は、傾けたりすれば少し漏れるのだ。
フェアーハンドにしろ、デイツにしろ、そこは海外製。
丈夫だが作りはやや雑だ。

8分目くらいだと260ml程度でしょうか。
2泊3日のキャンプで、夕方5時から就寝の10時までフルに使用して丁度使い切る程度。
先に紹介したMSR携行缶なら590mlは入るので4泊でもいけるでしょう。

フェアーハンドのハリケーンランタンを実際に使ってみて

フェアーハンド・ハリケーンランタンの灯りはとても穏やかで、心地よい色合い。
フェアーハンドのハリケーンランタン買って正解だった。
私が購入したのがこちら↓↓↓


写真は届いた時の様子。
箱(左)に入って、茶色の包み紙(右)に包まれた状態で届いた。
ホヤはガラスなのでケースが欲しいところだが、
ケースは付いていないので別に用意する必要がある。

もしケースを探すなら15cm×15cm×高さ26cmが収まるもので探すと良い。
安い物を見付けたので紹介しておこう。


燃料の注ぎ込み口が入れづらい。
百均の物でよいので、ジョウゴを用意しておくと良い。

焚き火の炎はなぜか眺めてしまうもの。
このランタンの炎にも同じ魅力がある。
ガスやガソリンランタンのように、ゴーっという燃焼音もなく静か。

暖かみのある暖色の光は、食材を映えさせる。
食事用テーブルに置くランタンとして最高だ。

何と言ってもそのデザインが良い。
LEDランタンは、どこか無機質で近未来的なデザインが多く味気ない。
このフェアーハンドランタンのようにアンティークな雰囲気はなぜか魅力だ。

そのデザインに惹かれてから数年、本物のハリケーンランタン「フェアーハンド」を手にした時は最高に嬉しかった。
まだ買ってから数回しか使用できておらず、とても綺麗だが少し汚したいとすら思わせる。
傷や汚れが徐々に付く過程が育てているようでとても楽しいのです。
木材や革製品のように、使うほどに味がでるというものでしょう。

フェアーハンドランタンは、作りはとてもシンプルで丈夫。
永く使えそうなので、少しづつ育ててみたいものだ。
また、お値段も4000円程度と比較的安い。

だが、やはりメインの明かりとして使用するには厳しい。
サイト全体を照らすには、明るさが足りない。


※左がフェアーハンド。右がコールマンのガスランタン。
写真ではわかりにくいが、影のでき方で圧倒的にガスランタンのほうが明るいのがわかる。

メインランタンは、LEDやガス、ガソリンのランタンが良いでしょう。
ハリケーンランタンは、サブランタンとして使うのが良い。
暖かい色合いの光なので、テーブルに置いたり、夕食後のくつろぎタイムを照らすと雰囲気を演出してくれます。

また、灯油の場合だが燃焼時の煤(スス)と匂いは少しだけ気になる。
そんな人は先に紹介したオイルランプ用の燃料を使うと良いでしょう。

まとめ

ハリケーンランタンは、ある種のロマンとも言うべきアイテム。
無くても良いけど、あれば最高。
そんなキャンパーのこだわりアイテムでしょう。

ガスやガソリンランタンのような明るさはない。
調理にも、読書にも不便だ。

それでも、なぜか惹きこまれる癒しの一品。
ユラユラと揺らめく優しい暖色の光。

メインのランタンとしてはおすすめできないが、余裕が出てきたらぜひ揃えてほしいおすすめの品です。

Feuerhand(フュアーハンド)

最後まで読んでくれてありがとう。