【ウッドカービング】モーラ・フックナイフの研ぎ方・メンテナンス

アウトドア

スプーンなどのウッドカービングや自作でのククサ(マグカップ)作りにハマって、
購入したのがこちらのフックナイフ。

フックナイフは木製のスプーンや皿などを作るときの必需品です。
このモーラフックナイフは切れ時も良く、コンパクトで使いやすい。
これから挑戦したい方にはおすすめのフックナイフです。
問題があるとすれば、未使用時に刃をカバーするサック(ケース)がない事だろうか。

さて、このフックナイフだが、使っていくと、どうしても切れ味が落ちてきます
しかし、どうやって研げばよいのだろうか?
真っ直ぐな普通のナイフなら研げる。
しかし、このように湾曲したフックナイフの研ぎ方はわかりません。
調べてもなかなか素人にできる方法はありませんでした。

そこで、私が実際に行ったフックナイフを研ぎ方を紹介
基本的に自宅にあるものや、安く簡単に手に入るものしか使っていません

あくまで素人が調べて、実際に研いでみた方法です。
それでもちゃんと研げたので参考までに。

フックナイフの研ぎ方

まず、正しいフックナイフの研ぎ方は他にあるかもしれません。
素人でかつ一般人の私が自宅であるもので可能な方法を模索して研いだパターンです。
真似される場合は、あくまでも自己責任でお願いしますね。

研ぐ前に、刃の形状を確認

研ぐ前にこのモーラ・フックナイフについて確認します。

見たところ、このモーラナイフは片刃で、刃付けがフラットです。

したがって、砥石で研ぐのは外側の面。
内側は刃返りを取る程度で良さそうです。

素材はステンレスなので、砥石は#1000番程度で良いでしょう。

ナイフや刃物は、刃の付き方で研ぎ方が変わります。
他のナイフを研ぐ場合はしっかりと刃の形状と素材を確認しましょう。

使用した物

・砥石(貝印 KAI コンビ 砥石セット (#400・#1000))
・耐水ペーパー #800
・耐水ペーパー #1500
・直径2cm程度の硬くて丸い棒
・100均のプラスチック箱(水を入れるため)
・マスキングテープ
・ハサミ

貝印のコンビ砥石セットは、普段からナイフや包丁を研ぐのに使っている砥石だ。
#1000番程度があればどんな砥石でも良いだろう。
今回は手に砥石を持って研ぐので、片手で持ちやすいものが良いと思う。

耐水ペーパーは、ホームセンターで売っている物で充分だ。
今回は#800と#1500が自宅にあったのでそれを使用。
#600と#1200くらいでも十分に対応可能だと思う。

研ぎ方・ステップ1:コンビ砥石を当てて研ぐ

まずは、コンビ砥石をしっかりと水につけておく。(5分くらい)
水の中に漬け込んだ砥石から泡が出なくなるまで待ちます。

また、研いでいるうちに砥石が乾いてきます。
常に研ぎ汁が付いているように何度も水をかけて研ぎます。

このフックナイフは、素材がステンレスで刃がひどく損傷していないため、
今回は仕上げ面(#1000)の方だけを使用します。

一般的なナイフでは、砥石を地面に置いてナイフを添える感じで研ぎます。
しかし、このような湾曲したフックナイフでは難しい。

そこで、砥石を右手にもって、刃に当てていくイメージで研いでいきます。
砥石にナイフを当てるのではなくナイフに砥石を当てるイメージで研いでいきます。

ポイントは、刃に当たる砥石の角度を一定に保つということ。

この角度が一定ではないと、刃付け(グラインド)が乱れてしまいます。
このナイフの刃付けはみたところフラットです。
いわゆる蛤刃のような形状ではないので、角度を常に一定に保ちます。

もうひとつのポイントは、あまり力を入れて研がないこと

一般的な直線のナイフに比べて、この湾曲したフックナイフは砥石に当たる面が極めて小さい。
力を入れてしまうと砥石を掘ってしまいかねない。

内側から指の腹を当てて、刃返りを確かめる。

※刃返りとは、研ぐと刃の先端が裏側に反る「まくれ」部分でです。
刃返りは小さくて目には見えないので、指先の感覚で確かめます。
誤って指を切ってしまわないように、下から上にスライドさせる感じで確かめます。

刃返りが全体にできるまでしっかりと研ぎます
くどいようですが、常に刃にあたる砥石の角度に細心の注意を払って研ぎます。

研ぎ方・ステップ2:耐水ペーパーで刃返りを取り除く

[2019.5.30 追記] 下記に詳しく追記したが棒で巻く方法は不要かもしれない。

丸い棒に耐水ペーパーを巻き付けます。
棒に関してはある程度の硬さがあれば何でもよいと思います。
私の場合はホウキの柄を使用しています。

最初は粗目の#800から使用します。
ここでもしっかりと耐水ペーパーに水を付けましょう。

ポイントは、内側なので耐水ペーパーを面にぴったりと当てて研いでいくこと
このナイフは片刃なので、内側はほぼ角度を付けません

また、少しややこしいのだが、3つの動きを同時に行います。
①耐水ペーパーを巻いた棒を半時計周りに回す。
②裏面に沿って水平に引く。
③刃の湾曲に沿ってスライド。

[2019.5.30 追記] 何度かやって気が付いたが、指の腹で回しても十分に刃返りは取れる。
棒は要らないかもしれません。

ここでは、砥石の時に比べて、あまり力を入れすぎずに研いでいきます
研ぐというよりは優しく擦り上げるイメージです。
また、数回で刃返りは取れるので、何度も行う必要はない

#800で刃返りが取れたら、仕上げに#1500を使用します。
#1500を丸い棒に巻き付けて優しく擦り上げるイメージ。
内側全体に傷がつくので、気になる人は#2000番台でさらに磨くと良いだろう。

あとがき

いかがでしょうか。
これだけで充分な切れ味になります。

素人なりに調べて研いできましたが、
もっと良い研ぎ方があるかもしれないということは伝えておきたい。
あくまで私の研ぎ方である。

もしももっと良い研ぎ方をご存知ならば、ぜひご教授いただければ幸いだ。

最後まで読んでくれてありがとう。